トイレタンクからの水漏れは要注意

トイレの故障で気づきにくく、直しにくい場所はタンクからの水漏れです。水を流した後に水が出続けている音がしたり、ボタボタと音がすれば気づくことができますが、普段から水が入っている場所なので気づきにくいです。常に蓋が締まっているので見えにくいことも気づかない原因の一つですが、実際にこの場所で水が漏れていた時の対応はとても重要です。場合によってはトイレリフォームのいい機会になるかもしれません。

■水漏れの場所を調べる

トイレで水が漏れていた時に最初にすることは、どこから水が漏れているのかを調べることです。自分で確認することで修理業者に状況を伝えやすくなり、修理がスムーズに行われます。便器に水が流れ続けている、タンクの蓋が濡れているなどの症状がある時はタンク内が故障しています。蓋をそっと開けて中を確認します。水の量が増えているのか、少ないのかを調べましょう。蓋は陶器でできているものが多い為、落としたりしてしまうと壊れやすいです。慎重に動かすようにしましょう。
タンクと便器の結合部分から水が漏れている時はタンクの外側が原因です。それ以外の場所で水が漏れている時は排水管などの水漏れを疑いましょう。トイレリフォームを行った直後に水が漏れている時は取り付けの不具合かもしれません。

■タンク内は要注意

トイレは複雑な作りになっているイメージですが、実はタンク内の構造はとても簡単な作りになっています。しかし、簡単な作りだからと知識がない人が触ってしまうと余計に症状が悪化してしまう原因になります。タンク内にある水を出したり止めたりする部品は消耗品の為、長期間使用すると壊れてしまいます。この部品は繊細にできている為、取り付ける時に微妙な加減が必要です。この技術がない人が修理を行うと正常に動かないこともあります。
部品はメーカーだけではなく、トイレの種類によって部品の大きさや形が異なります。ホームセンターなどで購入できるものもあれば、自分で修理することが危険なため販売していないものもあります。頻繁に故障するようであればトイレリフォームを行ういい機会と思って、もっと使いやすい状態にするのも修理方法の一つです。

■まとめ
タンクからの水漏れは気づきにくく、水道メーターの点検で気づくこともあります。水が流れ続けることで料金が高くなってしまうこともあるので、トイレの異常に気づいたら早めに対応するようにしましょう。修理とトイレリフォームを行える業者であればトイレの問題点なども相談しやすく、応急処置をしてからリフォームに取り掛かることも可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ