トイレで起こる水漏れのボタボタ音とは

トイレを使用した後でずっとボタボタと水が出ている音がすることがあります。そろそろ水が止まる頃なのにおかしいと異変に気付くことでしょう。実はそのボタボタは水漏れが起っているサインです。そのまま放置してしまうと浸水や、トイレの交換が必要になってしまいます。そこで水漏れする原因や交換目安について紹介します。

■トイレで起こる故障の症状とは

タンク内には2つの配管があり、給水管からタンクへ水を運ぶものと、タンクから便器へ水を運ぶものがあります。ボタボタ音はこの2つの配管などから水漏れをしているためにタンク内で起こります。タンクから便器へ水を運ぶ配管部品にフロートバルブがあります。その部品が他の部品にひっかかり、きちんと栓ができなくなるとボタボタと音がすることがあります。
タンクから便器へ水を運ぶ部品にはボールタップがあり、劣化することでタンク内の水を止めれなくなり水漏れを起こしてしまいます。タンク内には浮き輪もあり、その浮き輪が上下することで水を止めたり、流したりすることができますが、長年使用していると浮き輪のバネが破損しきちんと水が止めれなくなります。このような状態でもタンクの中から音がします。
普通タンクの中は故障やトイレの交換でもない限り開けることはありません。異音がするので故障に気づき開けてみるとタンク内が浸水していたり、タンク内で溢れた水が便器に流れ出ていたりします。時には通常よりも水位が低くなっていることもあります。

■トイレの交換が必要な時とは

水漏れが起ってもすぐにトイレの交換をしなければいけないことはあまり多くありません。しかし、毎日使用していると部品も消耗してきます。メーカーの部品は基本的に7年から10年単位で製造が終了してしまうので、使用年数が長い時はトイレの交換をしなくてはいけません。
故障する頻度が多くなっているトイレは、部品全てが劣化してきている可能性が高い為、次から次へと故障してしまう状態です。このような時は業者からトイレの交換を勧められることもあります。修理回数が増えてきたと感じた時は修理だけでなく、リフォームなども手掛けている会社を選んだ方が便利です。

■まとめ
トイレのタンク内で起こる水漏れはボタボタと音がしたり、便器から水が溢れてくるので気づきやすいです。水の漏れる量が少量だからまだ修理しなくてもいいと感じて放置していると、そのうち大量に溢れ出てくることになります。気づいたタイミングで修理するのがベストです。タンクごと交換するのではなく、故障部品だけの交換になりますので比較的安く修理することが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ